消費者金融

消費者金融でお金を借りる前に知っておきたいこと

思いがけずお金が必要になってしまったとき、あなたはどうやってそのお金を用意するでしょうか?そうしたとき、多くの方が思いつくのは消費者金融など金融機関からお金を借りるという方法かと思います。しかし、消費者金融は利用したことがないからいろいろとわからない、と不安な気持ちもあるでしょう。

 

さあ利用しようとネットで検索してみても、このカードローンとこのカードローンの違いは何?どちらがいいの?というところにまずぶつかってしまうと思います。そんなときに頼りになりそうなのがカードローンの人気ランキングですが、これも、ランキングを掲載しているサイトによって、順位や載せているカードローンに違いがあるため、どの情報が信頼できるのか?悩んでしまいます。

 

また消費者金融からお金を借りるにあたって、ドラマでみたようなヤミ金ですとか違法な業者にひっかかってしまわないか?などといった不安もありますよね。どこが安全で、どこが怪しいのかなどといった知識もないためどこを選べばいいのかわからない…と悩んでしまうこともあります。

 

わからないことをいざ調べてみようと思っても、何がどこまでわからないのかがわからないのですから、どこから調べたらいいのか?何を知っておけばいいのか?そこからまずは知りたいですよね。消費者金融でお金を借りる前に、まずは予備知識として知っておくべきことはどんなことなのか、どのあたりを押さえておけば最低限大丈夫なのかを見ていきましょう。

消費者金融の他にもあるカードローンの種類

「お金を借りる」というと、やはりCMなどで露出の多い、アコムやプロミスといった消費者金融のカードローンを思い浮かべる方が多いかと思いますが、実はそうやってカードローンでお金を借りられるのは消費者金融だけではないのです。同じように手軽にお金を借りられるものとして、銀行カードローンやクレジットカードでのキャッシングなどといったものがあげられます。

 

銀行カードローンは、名前の通り、銀行が直接融資をしているカードローンです。「オリックス銀行カードローン」や「みずほ銀行カードローン」「楽天銀行カードローン」などのように、その銀行の銀行名+カードローンといったネーミングのものがけっこう多くありますが、なかには三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のように、別の名前がついているものもあります。メガバンクなどの大手銀行のほか、都市銀行、地方銀行、ネット銀行系でも取扱があり、融資額が大きく低金利なのが特徴です。申込先の銀行と保証会社と二つの審査を受けなければならず、審査は比較的厳しい傾向にあります。

 

クレジットカードでのキャッシングは、財布のなかのクレジットカードについているキャッシング機能を利用してお金を借りる方法です。クレジットカードは通常、ショッピングに利用することが多いですが、ショッピング機能の他にサブ機能としてキャッシング機能が備わっています。毎月の利用明細を確認してみて、キャッシング枠がいくらまで利用可能なのかを確認してみるといいでしょう。いざというときには便利なのですが、カードローンより限度額が少額で金利が高いのが特徴です。基本的にはショッピング利用のように翌月一括払いなので、まとまった借入などには向いていません。

 

それに対し、消費者金融のカードローンはどういったものなのかといいますと、銀行カードローンよりはやや小口融資にはなるものの、審査の早さや融資までの時間が早いことなどから、スピーディーで手軽な借入が特徴となっています。金利は銀行カードローンと比べますと少し高めではありますが、高額な融資や長期の借入でなければそれほど大きな差にはならないでしょう。対応の早さや利便性の面で選ばれることの多いカードローンです。

銀行カードローンと消費者金融の3つのポイントから比較した違い

さて、カードローン選びにおいて、「消費者金融のカードローン」にするか、または「銀行カードローン」にするか、という点は多くの方が悩まれるところだと思います。それぞれにメリットデメリットがあるためです。3つのポイントにしぼって、消費者金融と銀行カードローンとを具体的に比較してみましょう。

 

【金利の高さ】

銀行カードローンと消費者金融との違いとして多くの方がまず感じるのは金利ではないでしょうか。一般的に、銀行カードローンは金利が低金利で、消費者金融は金利が高いと言われています。どのくらい違うのかといいますと、消費者金融の多くが4%〜18%程度の範囲設定としているところ、銀行カードローンは大手の場合4%〜14%程度の範囲設定のところが多くなっており、上限部分では実に4%近くもの差があることがわかります。ただし、銀行カードローンの金利は消費者金融と比べけっこう各銀行によって設定範囲に違いがあり、なかには消費者金融並みの〜18%という設定のところもあるので一概に銀行カードローン=低金利とはいいきれません。また、初回利用の場合30日間の無利息サービスがあるところもあるなど、目に見える金利だけでどちらの利息が少ないのかということがはかれないところもあります。

 

【審査の早さと柔軟さ】

審査の早さと柔軟さにおいては消費者金融に軍配があがるといってしまっていいでしょう。まず審査の早さですが、大手の消費者金融になりますと審査は最短30分という早さになっていて、即日融資に対応しているところも多くなっています。銀行カードローンも即日融資に対応しているところは結構あるのですが、審査時間を見ますと「最短即日」という表記となっており、具体的に何分でといったところまでは言及していません。クチコミなど実際の評価をみてみますと、即日融資可能としている銀行カードローンでも多くは2営業日〜3営業日程度融資までに時間がかかるケースも多いなど、消費者金融と比べますと多少時間がかかる傾向にあるようです。銀行の場合には銀行の審査と同時に保証会社の審査も受ける必要があるため、また低金利での貸付けになるために審査が慎重になるというわけです。

 

【利便性】

申し込み方法・返済方法の多様性、や無人契約機での即日カード発行など、利便性においても消費者金融は優れていると言っていいでしょう。

 

【限度額の高さ】

限度額の高さは銀行カードローンがやはり高いです。高い所では1,000万円などという最高限度額となっています。一方で消費者金融はといいますと、大手で500万円程度の限度額となっており、何百万円という高額な融資を希望する場合には、金利のこともありますしやはり銀行カードローンが向いていると言えます。また、消費者金融の場合には総量規制というものがあるため、個人の借入総額は年収の3分の1までに制限されてしまいます。そのため最高限度額500万円のカードローンであっても、年収が600万円の方でしたら、消費者金融など貸金業者からは総額で200万円までしか借りることはできません。

 

銀行カードローンと消費者金融にはこのように違いがあります。どちらを選ぶべきかは、金利や審査の早さなど、自身がどの条件を優先して選ぶかによって違ってくるかと思います。まずはカードローン選びの条件に優先順位をつけて、自分がどういった目的でどういったメリットのあるカードローンを選びたいのかを明確にしましょう。